出会い系の話題ならこれ!たった5通のメールだけで女性に興味を持ってもらう驚くべき方法 | 出会い系サイト 口コミ 比較

トップバナー
ホーム / メール術 / 出会い系の話題ならこれ!たった5通のメールだけで女性に興味を持ってもらう驚くべき方法

出会い系の話題ならこれ!たった5通のメールだけで女性に興味を持ってもらう驚くべき方法

出会い系の話題ならこれ!たった5通のメールだけで女性に興味を持ってもらう驚くべき方法

出会い系で話題に困る事ってないですか?

今回は出会い系サイトにおけるメール術について僕がやっている方法をお教えします。

一言にメール術といっても実践の場では使えないような机上の空論的なものでは意味がないと思っているので、今日からすぐ使えるような実践と経験に基づいた生きたノウハウを紹介していきます。

メールでうまく女性の心を操れるかどうかが出会えるか出会えないかの分かれ目ですので、出会い系サイトでメールする場合には絶対にマスターしておきたいテクニックです。

まずメールをやりとりする上で大事な事は、

・相手に興味を持たせる事
・楽しませる事
・メールを続ける事
・メールのタイミング
・不快にさせない


主にこんな感じでしょうか。

出会い系サイトはメールのやりとりが上手かそうじゃないかで明暗が分かれてしまうので慎重に行いたいものです。

ちなみに僕が使って出会いまくってるのはハッピーメールですが、その口コミがこちら↓

▼ハッピーメールの口コミが見れます▼
関連記事ハッピーメールの口コミ!普通に登録すると大損!?170ポイントgetの裏技

実際に利用しているユーザーの評判も見れるので是非チェックしておいてください。

出会い系のメールでは相手に興味を持たせる事


まず、興味を持たせるには、「女性が興味のある話題を振ってあげる」ということです。

女性が興味のない話題を振っていても、話が盛り上がらず、メールが終わってしまうためです。

ここまでで、女性の興味のあるものはある程度わかると思いますので、その話題をメインにメールをしてみましょう。

出会い系のメールでは、楽しませる事


次に「楽しませる」です。楽しませるには、女性に話を沢山させるのが一番です。

その為には、女性に話やすくさせることが大事です。

話やすくさせるには、「相槌」が大事になります。

メールだと会話とは違いどうしても相槌が薄くなってしまいます。

例えば、「この間、パスタがおいしいお店に行ってきたんだ」と女性が言ってきたとします。

男性は、「そうなんだ、何のパスタ食べたの??」というように返すと思います。

これではあなたの感情が相手に伝わらず、女性からしても「そんなに興味ないのかな?」と感じてしまう事になります。

そこで、「マジで!?いいなー!!俺もパスタ好きなんだw○○ちゃんはどのパスタ食べたの??」

とオーバーに返す事で、「自分の話に興味もってくれている」「しっかり話を聴いてくれている」と、良い印象を与える事が出来るのです。

また、「自分も」という共通点を与える事で、女性に強い印象を与える事が出来ます。

さらに、

「この前、私の好きな○○がTV に出てたんだかわいいよね♪」


というようなメールで、

「俺は○○あんまり好きじゃないな^^;○○とかどう??」


と返すのはNGです。

女性は基本的に共感、同意、肯定してほしいものなので、批判、否定は出来るだけ避けるようにしましょう。(たとえ自分がそう思っていなくても)

「そうなんだ!○○いいよね!俺も好きだよ^^録画とかしたの??」


というような返信が良いでしょう。

オーバーに、女性の意見について肯定してあげることで、女性は共感や楽しさを覚え、その話題について自分から多くを話してくれるようになります。

出会い系のメールではメールを続ける


また、最後に「質問文、疑問文」を付けることで、相手に返信をさせやすくする効果があります。

「○○です。」と簡潔に終わってしまうと、女性も心の中で「そうなんだ。」で終わってしまう可能性があります。

「○○ですか?」と質問をすることで、その事に対しての反応を求めていますので、自然と反応する可能性が高くなるのです。

これにより、「メールを続ける」という事が可能になるのです。

しかし、質問文、疑問文は、一つのメールに何個も入れてしまうと「しつこい」という印象を与えてしまいます。

また、メールの冒頭や中間に入れてしまうと話しの流れで質問に答えづらくなってしまうことにもなります。

そのため、一つのメールの文章の最後に一つだけ入れるという方法が良いのです。

出会い系のメールのタイミング


よく男性の方で、メールが来たらすぐに返すのが良いという間違った考え方をしている方が多いです。

はっきり言ってこれは間違いです。

状況によってはOK なのですが、基本的に全てのメールをすぐに返してしまうのはNG になります。

では、メールを送るベストなタイミングとはいつなのでしょうか。

状況に分けて御紹介していきます。

出会い系のメールを一番最初に送る場合


ここでは、メールのやりとりが始まって女性からメールを送ってきた場合のメールの返信のタイミングについて御紹介します。

ファーストメールこそすぐに返すべきでは?と思うかもしれませんが、そうではありません。

ここですぐに返してしまっては、普通であり女性の印象に残りません。時間を置くのです。

最低でも6時間は返信を我慢して下さい。

なぜ時間を置くのかといいますと、女性を焦らす為です。

「どうしたのかな?」
「何かまずいメールでもしたかな?」


という、不安の感情を煽るのです。

不安にさせることで、女性があなたの事を考える時間を作る事が出来るのです。

さらに、女性が不安を感じている状態にメールをする事で、「メールがきた!よかった!」と、安心感を与える事が出来るのです。

ドキドキと安心を与えると、女性は恋愛感情を抱きやすくなります。

男性からファーストメールを送った場合には、女性から返信が返ってきた際に時間を置くと有効になります。

出会い系でやりとりする時に相手を不快にさせないメールを意識する


不快にさせないメールをするには、どうしたら女性が不快に思うのかという事を知る必要があります。

では、女性が不快に思うメールとはどのようなものなのでしょうか。

・催促メール
・日記的メール
・乱暴な口調
・愚痴
・他人を卑下するメール
・ネガティブなメール
・自慢話
・下ネタ


ざっと挙げただけでもこのくらいあります。

それぞれ説明していくと、

催促メール


メールの返信がないからと言って、女性に返信の催促をしてしまうのはNGです。
女性は自分の時間を大切にしていると以前に御紹介しました。

催促をしてしまう事で、女性に対して

「なんかがっついている」
「面倒くさい」
「うざい」


このような印象を与えてしまう事になるのです。

考えてみてください。

例えば、女性が今やらなければいけない事があったとします。

そこに、男性の都合だけで

「なんで返事くれないの??」
「ずっと待ってるんだけど・・・」


のようなメールをすると、どうなるでしょうか。

普通に考えて「イヤ」ですよね。もしかしたら、やる事が終わった後にメールを返そうとしていたのかもしれない。

でも、催促メールを送ってしまうことで、その返そうと思っていたメールすらも返さなくなってしまう可能性すらあるのです。

催促メールは、マイナス要素しかありませんので絶対に行わないようにしましょう。

話題がないからといって日記的なメールはしないほうが良い理由


日記的なメールは、男性はよくしてしまいがちです。
「今日、○○に行ってきて、△△を食べたよ!美味しかった!」というようなメールです。

これ、一見普通のメールのように思いますが、女性からしてみれば「それで?何?」と感じてしまうのです。

既に親しい仲であれば、これでも通じるのですが、まだ親しくも無い、知り合い程度の関係の場合、このようなメールを送っていては関係を発展させることが難しくなります。

以前御紹介した

「興味のある話題」
「疑問文」


これらを入れて、メールをしましょう。

乱暴な口調


女性は自分の身に危険がある場合、すぐに警戒心を抱いてしまいます。

乱暴な口調は、女性の警戒心をアップさせるだけなので、なるべく丁寧な口調、受け入れられやすい口調でメールをするようにしましょう。

一度会ったことのある女性であれば、会った際に話した口調で乱暴な言葉は使わずにメールすると良いです。

愚痴


こちらも男性がよくしてしまいがちなのですが、

「仕事疲れた・・」
「あいつムカつく」
「もうイヤだ」


などの愚痴です。

好きな人には愚痴を聞いてほしいものですが、女性はそんなことは望んでいません。

「情けない」
「つまらない」
「男らしくない」


このような印象を与えてしまうのです。

自分の気持ちを伝えるのは良いことですが、愚痴はNG ですので注意しましょう。

他人を卑下するメール


「後輩のアイツは使えなくて」
「上司の○○はモテないね」
「あの芸能人好きじゃない」


など、他人を卑下したり、馬鹿にしたりするような内容のメールはNGです。

そのような男性には

「心が狭い」
「人を批判することしか言えない」
「つまらない」


このようなイメージがついてしまいますので注意しましょう。

ネガティブなメール


「どうせ俺なんて…」
「だって…」
「でも…」


このようなネガティブな文章では、女性はつまらないし魅力を感じません。

女性付き合った後のことを直感的に想像する生き物なので、例えばあなたと付き合った際にネガティブな事ばかり言う男性なのか、ポジティブな男性なのか、という事を、普通に話していて感じ取ってしまうのです。

普通に考えて、ネガティブよりもポジティブな男性の方が魅力的に捉えられます。

ネガティブな発言は避けるようにしましょう。

自慢話


女性は自慢話が好きではありません。

しかし、男性は自分を良く見せようと、過去の自慢話をよくします。

「昔は○○だった」と、話に尾ひれをつけて話たがるのです。

これを言われた女性は、「じゃあ今はどうなの?」と感じてしまうのです。

女性は現在、未来に興味がある生き物なので、過去に男性がどうだったかは興味がないのですね。

今が過去よりも良い状態なのであれば、このような自慢話は話しても問題はありません。

下ネタ


男性は下ネタ好きですよね。

そして女性は下ネタがキライ…というわけではありません。女性だって、下ネタは好きです。

しかし、それは仲が良い相手限定です。

それを履き違えて、下ネタを発してはいけません。

関係が出来上がっていないうちは、女性は警戒心が強いです。

そこに下ネタを言ってしまうと、より警戒心が強くなってしまうのです。

下ネタは完全に仲が良くなっていなければ言わない方が良いでしょう。

これらのような不快にさせるメールをしないだけでも不快にさせないメールをすることが出来ます。

出会い系の話題は恋愛感情を植えつける事を第一の目的に考える


メールで会う前から惚れやすくさせる、という事をご紹介します。

恋愛感情を女性に植えつける上で最も重要な事は女性に妄想をさせるという事です。

男性に比べ、女性は非常に妄想をしやすい生き物です。男性は非現実的な妄想を好みます。

それにくらべ、女性は現実的に身近な環境などの妄想をします。

妄想の内容が、自分と等身大の設定なのです。

つまり、女性は自分の将来や恋を妄想しやすいと言えます。

では、この妄想を使う事で女性に恋愛感情を意図的に植えつける方法をお伝えします。

出会い系の話題で自分を印象付ける為の妄想テクニック


あなたと顔を合わせていない時間でも女性にあなたの事を考えてもらう為に必要なテクニックです。

このように、自分の印象を女性に残す為に自分の好きな歌などを女性に伝えその歌を女性が聞いた時に「自分の事を思い出させる」ように仕向けます。

例えば、

「○○ちゃん、△△(女性の好きなアーティスト)好きだよね。この前DVD 発売したから買って見てみたんだけど、○○っていう曲いいね。」


などと何回か伝える事で

「その曲を聴いたら男性を思い出す」ように、女性に対して刷り込んでいく事ができるのです。

女性に対して、「この人ともし恋愛したらどうなるか」と、いう妄想を与える事で、2人が恋愛をするというものが漠然としたものから、具体化された妄想に変わっていきます。

たとえば、

「○○ちゃんって野菜好きそうだし、もし一緒に食事行ってもサラダとかばっかり食べてそう(笑)」


というメールで、

一緒に食事に行く⇒仲の良い関係というシチュエーションを作り、そこでの出来事の作り話をしていきます。

そうする事で相手の女性に対してその情景を妄想させることが出来るのです。

但し、ここで注意していかなければならないのは

「もし~」
「仮に~」


と、あくまで、空想のお話ですよ、という建前で話をしないと、女性に「めんどくさい男」だと思われてしまうので注意しましょう。

出会い系の話題では楽しさを妄想させよう


女性に対して「この人と一緒に居たり遊んだりしたら楽しそう」という妄想をさせる事も大事です。

「昨日友達とカラオケ行ってきて超盛り上がったよ~!のど痛いw○○ちゃんはカラオケでどんな曲歌うの?」

このように、情景が見え、楽しさも伝わるようなメールを送ることで女性に対して妄想をさせることができ、この人と居ると楽しそうだな」と思わせることが出来るのです。

それにより、「実際に遊んでみたいな」と思わせることが出来るのです。

女性が明るく、楽しくなる話などを作って、この人とデートしても楽しそうだなと思わせるような妄想をさせてみましょう。

これらにより、まだ会ったことのない女性でも

「会ってみたい」
「楽しそう」


という感情を与える事が出来、「この人を手に入れたい」という恋愛感情に発展させていくことが出来るようになりますよ。

会う


さて、いよいよ「会う」です。

この場合は、デートに誘う事をご紹介していきます。

みなさん、デートに誘う際には苦労する事が多いと思います。

勇気を出して誘ったのに、断わられてしまった…

なんて事はザラにあると思います。

では、どうしたら、好きな女性を上手くデートに誘う事が出来るのでしょうか。

あなたは、女性を誘う際、「今度の日曜に遊びに行きませんか?」のような誘い方をしていませんか?

既に何度も遊んでいるような相手であればこのような誘い方をしても問題はありません。

しかし、初めて会う、初めてデートに誘う、というような女性が相手の場合は、失敗する可能性が高くなります。

なぜ失敗してしまうのかというと、女性が「警戒」しているからです。女性は警戒しやすい生き物というお話しはしましたね。

何度も会っている相手なら警戒心も薄れ、OKをもらえる可能性が高くなりますが、初めての場合は、

「会って何をするんだろう?」
「何かされないかな?」
「危険はないかな?」


というような不安を感じるのです。

不安を感じると、決断をしづらくなり、悩んでしまいます。

その為、考える時間を与えてしまい、考えれば考えるほど悪い方向へと思考を進めてしまう為、結果的に断わられてしまう事につながってしまうのです。

では、どうすれば女性に不安を感じさせることなく警戒させずに会う事が出来るのでしょうか。

それは、

「デートだと思わせない」
「自然な流れ」
「理由」
「時間の限定」
「YESを言わせる」
「NOの選択肢を失くす」


この6つが重要になります。

例えば

「新しく出来たパスタ屋見つけたんだけど、ここすごくお洒落で綺麗なんだ。食べてみたんだけど、実際すごく美味しかったよ!○○ちゃんは行った事ある??」
「そうなんだ!行った事ないよー><いいなあ、食べてみたいな♪」
「じゃあもし今度時間あったら、お昼に一緒に食べに行く?って言ったら○○ちゃん、イヤだって言いそうだよねww」
「え~、そんなことないよ~w時間あればお昼くらい全然いいよ♪そこ行ってみたいし」
「マジで!?嬉しいな!じゃあ俺、今度の金曜と土曜が空いてるんだけど、一緒にお昼に食べに行こうよ!どっちが空いてる?」
「う~ん、私は…」


というように、6つの要素を入れる事で、自然な流れで断わりづらくさせる事が出来るのです。

女性をデートに誘う際は、デートだと思わせないことが大事です。

デートの誘いだと感じてしまうと、どうしても下心を感じてしまうので、女性は警戒してしまいます。
その為、ただ一緒にお昼を食べにいく、のような、デートだと思わせない事が大事なのです。

また、自然な流れとは、会話の広がりの流れで誘ってしまうことです。
広い話題⇒広い話題に対しての小さい話題これを、「話題の深堀」といいます。

「理由」については、既に何度もお話しをしているように、「なぜ、男性と会う必要があるのか。」という事を女性が納得をするように話をする事です。

何もなく、ただ「会おうよ!」と言っても、「え?なんで?」と、女性は感じてしまうのです。

その為、「おいしいパスタ屋がある」のような、その女性が好きなものをエサにして、女性が行ってみたい、というような欲求を与える事で、男性と行く理由を作る事が出来るのです。

さらに、お昼ご飯、という、心理的に時間が限られている状況を使って誘う事で、女性の警戒心を解き、安心させることが出来るのです。

夕方以降などの遅い時間は、心理的に女性も警戒してしまうので、初めての場合はなるべく早い時間で誘うようにしましょう。

「30 分程度」と思わせれば、夕方からでも問題ありません。

また、YESを言わせるというのは、「じゃあもし今度時間あったら、お昼に一緒に食べに行く?って言ったら○○ちゃん、イヤだって言いそうだよねww」

「え~、そんなことないよ~w時間あればお昼くらい全然いいよ♪そこ行ってみたいし」


のように、「もし」「今度」と仮定の話をした上で冗談っぽく言う事で「仮定の話なら…」と、女性にYESを言わせる事です。

これをする事で、YES を言わせる流れ、癖を女性に与え、そのままの流れで誘うことで断わりづらくなり、よりYES、OK を貰う確率を高めることが出来るのです。

これを、フット・イン・ザ・ドア・テクニックと言います。

最初に受け入れやすい要求を受け入れさせ、断わりづらくさせてから序所に要求のハードルを高くして本来の要求を受け入れさせる、というものです。

そして、NOの選択肢を失くす、という方法で、日程決定まで進める事が出来ます。

「土曜日空いてる?」
「食べに行かない?」


では、空いてるか空いていないか、行くか行かないかの、YESかNOの選択肢を与える事になります。

しかし、

「金曜日か土曜日に食べに行こうよ。どっちが空いてる?」


と、女性が行くことを前提に話をし、日程の選択肢を与える事で、行くか行かないかの YES・NOの選択肢をなくして、いつ行くのか、というYESの選択肢のみにしてしまう事が出来るのです。

さらに別の方法として、

「明日一緒にデートして?」
「え~、何いきなりw軽いんだけどw無理だよ」
「そっかあ、じゃあ、1分だけでいいから、今度空いてる時に一緒にお昼ご飯でも食べてくれる?」
「1分てwそのくらいならいいよ」
「じゃあ空いてる日は…」


と、最初に難しい要求をして断わらせ、次に簡単な要求をする事で、本来の要求を通させるという方法があります。

女性は一度断わってしまった手前、簡単な事を受け入れやすくなる、というものです。

これはドア・イン・ザ・フェイス・テクニックと言い、まず初めに誰もが拒否するような負担の大きな要請をし、一度断らせてからその後に、それよりも負担の小さい要請をすると、それが受け入れられやすくなるというものです。

これらのテクニックを使う事で、女性をデートに誘い、OKのサインを貰うことは簡単になります。

是非試してみてください。

>>会える出会い系サイトランキングはこちら<<
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

タグ/

出会い系の口コミ

更新情報

カテゴリー