出会い系で写メ交換!会える男性は3つのポイントを押さえていた事が判明!!! | 出会い系サイト 口コミ 比較

トップバナー
ホーム / 出会い系サイトの基礎知識 / 出会い系で写メ交換!会える男性は3つのポイントを押さえていた事が判明!!!

出会い系で写メ交換!会える男性は3つのポイントを押さえていた事が判明!!!

出会い系で写メ交換!会える男性は3つのポイントを押さえていた事が判明!!!

出会い系サイトを利用していると、こんな事ってないでしょうか?

「お目当ての女の子にメールを送ってみても、まったく音沙汰がない」
「なかなか好みの子と会うところまでいかない」
「結構リアクション良かったけど、実はサクラだった」


そして、何度切ない思いをしたでしょう?

(高いポイントまで使ったのに、結局出会えなかった)
(良心的なサイトだっていうから登録したのに、ちっとも成果なかった)
(もう俺ってほんとに縁が無いんだな…)


優良サイトを使うのは当然なんですが、それプラスあるポイントを押さえていれば、出会い系では確実に出会うことが可能になります。

それは優良サイトを探す場合は、やはりサイトの口コミや評判をチェックするのがとても大事だという事です。

「出会い系で出会うなんて無理だ!」なんて諦めている人もいるかもしれませんが、出会い系サイトで出会って、実際に女性と会っておいしい思いをしている男性は、必ず存在します。

そうでなければ、出会い系サイトも何十年も運営できません。

出会い系サイトでは、必ず出会える男性と、なかなか出会えない男性とで、明らかな差がついています。

それは、「ブサイク」とか「イケメン」とかの違いではありません。

では、出会える男性というのはどういう男性を差すのか?

出会える男性というのは、

・写メテクニック
・プロフィールテクニック
・メールテクニック


と、大きく分けてこの3つを把握し、実践しています。

この3つを完璧に把握し、実行に移すことで、「出会い系で出会えない!」なんて嘆いているあなたでも、出会い系サイトを「出会うためのツール」として、簡単に活用することができるのです。

今回はまず「写メの送り方」から紹介します。

検証済の出会い系写メの送り方


写メの送り方は、男性の場合大抵失敗に終わることが多いです。

俺は見た目に自信がないから、なんて思っていれば思っているほど、写メの送り方が失敗に終わるケースが非常に高いと思っています。

ちょっと失敗例をいくつか挙げてみます。

失敗例1


「写メちょうだい」と、自分の写メも送らずに相手に要求する。

これは、最悪の事例です。

出会い系サイトでメールを交換した人にもっとも多いケースです。

「写メある?」
「写メちょうだい」
「写メ交換して」


だけの、無愛想な短文メールを送ってはいませんか?

または、自分が写メを送ってもいないうちから、「写メあったら見せてよー♪」という文をメールの中で書いてはいませんか?

それは完全にNGです!

基本的に、「相手からの写メが欲しいなら、まずは自分から送る」というのが出会い系サイトでの礼儀です。

これを守れなかった人は、確実にメールの返信率がガタ落ちします。

「自分の写メを送って、相手がメールを返してくれなかったら…」と思うかもしれませんが、それを思っているのは相手も同じことです。

まずは、自分の写メを送り、それから相手に送るようにしましょう。

ただし、マナーを知らない出会い系利用者はたくさん居ます。

仮に、やりとりしている女性が「写メ送って!」と言ってきても、指摘しないようにしましょう。

失敗例2


自分に自信がないからと言って、自分の姿がよくわからないような写メを送る。

これは、見落としがちで結構やってしまうパターンです。

「自分の顔をあまり知られたくないから、照明を暗めにして撮っちゃおう」と、自分の顔がはっきり見えない写メを送ってはいませんか?

確かに、顔がわからなければ相手も判断しづらいので、「その場でバッサリ切られることはない」と思うかもしれません。

しかし、暗めの印象の写真は、あなたの印象を悪くします!

このように、暗めの写真を送られた時の、出会い系サイト利用者の女性達の正直な感想は、

「これじゃ写メをもらった意味があんまりない。自分に自信がない人なんだと思う」
「余計怪しい人だと思って警戒する」
「なんか気持ち悪い。心霊写真っぽい」


といったところでしょう。

ミステリアスに見せる部分ももちろん必要ですが、写メで一番基本なのは、

相手に自分の顔がハッキリ伝わること。
相手に「自分は安全である」ということを伝えること。


という二点を大切にすることです。

出会い系サイトを利用するということで、相手は少なからず警戒心を抱いています。

そこで、顔をあまり出さないような写真を送ってしまったら、女性はどう思うでしょう?

「顔を出せない理由があるんだ…危ない人なのかな?」
「自分に自信がない人なのかな?」


というふうに連想してしまいます。

自分の顔がわからなくなるような写真を送るのは、もうやめましょう。

失敗例3


やたらとキメ顔で送ってしまう。

これも、よくあるパターンです。

女性とはとても察しの良い生き物です。

ですから、「これがキメ顔だ!」という写メを送ると、女性はこんなことを考えます。

「うわ、多分これキメ顔で送ってきたんだろうなぁ」
「結構ナルシストなタイプなのかな…」
「私も頑張って送らなきゃいけないのかな、なんか面倒くさいなー」


面倒くさいのはお前の性格だろ!

と突っ込みたくなる気持ちはよく分かりますが、女性というのはこういう生き物だと割り切った方が良いでしょう。

このように思われてしまっては、せっかくあなたから写メを送っても、女性からの返信率は下がってしまいます。

やってはいけないキメ顔


・やたら上目使い

男性の上目使いは、本人が思っている以上に女性から「気持ち悪い」と思われます。

確かに、上から撮影した方がシャープなイメージにはなるのですが、それに伴って、目も「上目使い」になってしまいます。

携帯のカメラの位置を上に向けるのは、あくまで自分の鼻の高さより少し上か、持っていきすぎても目の高さまでにして下さい。

そうすることで、顔のシャープさも引き立ち、目線もあまり「上目使い」になり過ぎることがありません。

・いつも写メを送る時は同じ顔。

何度か写メを送ることになった時、必ずやりがちなミスが、「いつも同じキメ顔」です。

これは、明らかに「キメ顔」というのがバレてしまいます。

キメ顔は、基本的に「これがキメ顔なんだ」とバレてはいけません。

女性から「これはキメ顔なんだ」と思われてしまうと、あなたの写メには1mmもときめかなくなります。前と同じキメ顔をしていないか、チェックして下さい。

・服が適当なのに、キメ顔。

髪型も整えて、キメ顔も自分の中で決まっているのに、服がそれに合っていない!というケース。これも痛い失敗例です。

「この人、精一杯キメ顔してるけど服がダサい(笑)」と思われてしまったら、もう絶対に会う対象にはなれないでしょう。

仮にキメ顔の写メを送りたいのであれば、服装は絶対にこだわって下さい。と言っても、ごてごてに着飾るのではありません。

モノトーンに、無難にキメるのが良いでしょう。

女性の好みはさまざまなので、ここ好き嫌いのあまり分かれない、無地のものを選びましょう。

失敗例4


急いで送り過ぎて、適当な写メになってしまう。「写メちょうだい」と女性から言われた場合。

慌てて女性に写メを送ってしまう人も居るでしょう。

しかし、ここが盲点です。決して焦って写メを送らないでください。

一番最初に送る写メは、特にそうです。

じっくりと、周りの環境を整えて、自分の髪型や服装はちゃんとしているか、確認をしてから写メを撮りましょう。

「そんなこと言ったって、そうこうしているうちに女の子から催促が来たり、飽きられてしまったら…」

と心配になるかもしれませんね。

一番の対策としては、最新の自分の良い写メを用意しておくことです。

出会い系を使う機会があるのなら、写メは必要不可欠です。

いつ「写メちょうだい!」と言われても、いつ「写メ交換したいね」と言われても、すぐに出せるような自分のベスト写メを用意しておくことが肝心です。

それでも手元にベスト写メが無かったら…

女性に少し待ってもらいましょう。大丈夫です。

ちゃんと「写メを撮る間に待ってもらう待たせ方」もあるんです。

「今ちょっと両親が家に来てるから、少し待ってもらっても良いかな?」

これなら、相手も「両親と一緒でいいから撮ってよ」なんて言えませんよね?(笑)

しかも、両親の前で写メを撮らせるようなことは、たいてい出来ません。

「両親の前で自分撮りの写真を撮るなんて、恥ずかしくてできない」ということは、男女に限らずわかっていることだからです。

失敗例5


生活臭を全てさらけ出した写メを送ってしまう。

せっかく顔や服装にもこだわって、送るタイミングもばっちりなのに、写真の中に生活臭が漂っている写メ。

これは、見落としがちな写メミスです。

いくらバッチリ決まっていても、

「後ろに畳とふすまが写っていて、和室で撮ったことが丸わかり「の写メ。
「散らかった部屋の中で撮ったことが丸わかり」の写メ。


これでは、私生活丸出しで、カッコ悪い写メになってしまいます。

先ほど、「自分の顔がわかりにくい写メはダメ」と書きましたが、かと言って、自分の私生活を丸出しにした写メを送る必要はありません。

ある程度、相手の女性に「ロマン」を与えなければいけないのです。

あくまでも、女性は「顔」を見たいだけであって、あなたの生活の全てを知りたいわけではありません。

もしも写メを撮るなら、次の場所で撮りましょう。

オシャレな喫茶店・バー
内装がきれいな建物の中
ホテルの部屋の中蛍光灯の電球が入るのは問題外


仮に、「その場で撮らなければいけない」となった場合は、白い壁によって、床や家具の一式が見えない場所で撮影しましょう。

相手から、

「ああ、こういう家に住んでるんだ…(苦笑)」
「結構散らかってるんだな」
「ちょっとだらしない人みたい」
「センスゼロ!」


と思われてしまってはおしまいです。

写メ一つでそこまで判断できるものなのか?と思うかもしれませんが、第一印象というのはとても大事なのです。

しかも、相手はあなたと会って話をしているわけではありません。

相手がどんな場所で撮影をして、どんな雰囲気の場所を好んで、どんな格好をして、どんな表情をするのか…。

それが、全て写メ一つで決まってしまうのです。

写メを送る時は、今まで挙げたポイントを慎重におさらいしてから送った方が絶対に成功率があがるはずですので是非試してみてください。

関連記事

タグ/

出会い系の口コミと評判

更新情報

カテゴリー